2014年6月に労働安全衛生法が成立、2015年12月から施行されることになりました。

その中で注目されているのが「ストレスチェック制度の創設」です。

従業員50名以上の事業者に義務付けられ、50名未満は当面“努力義務”となっています。

ご承知の通り、事業者には労働者に対する『安全配慮義務』があります。

『安全配慮義務』を怠り、事故が発生した場合は政府労災給付以外に”損害賠償”を労働者から請求される可能性があります。

今回の法改正により、メンタル不調についても事業者はその原因を取り除き、予防対策を講じる必要性が大きくなりました。

「事故」が発生してからでは、遅いのです。

「ストレスチェック」や「メンタルヘルス」について、ご関心のある方は、お気軽に『保険のリック』にお問合せください。

悩むビジネスマン